AT-ATの基本塗装

○昨日の模型教室中にわたしはAT-ATの製作。
amはクビ部分の合わせ目消し、pmは基本塗装をエアブラシで。

atattoso1.jpg
今回はあまりグレー系ばっかだとおもしろくないのでマホガニーサフを吹いた。それもわりとラフにムラ出して吹く。
atattoso2.jpg
そんで基本色。ランドマンロディーの白(ガイアニュートラルグレーIにいろいろ混ぜたもの)をこれまたシャドー残しぎみに。
ちなみにパーツ分割ほとんどしてません。首部分は合わせ目消しではずしてたのでそれとあとボディ&足まるごと。
戦車の塗り方(越智塗り)まんまっす。すげー楽。足の稼動も適当に動かして塗り忘れないように。
溶剤もラピッド使ったので乾くの早いしそんな力技も簡単です。(ただ一部パーツ壊れた・・)
atatsandaba.jpg
さらにあまり茶色い部分が目立つのもなんなのでジャーマングレーちょっとグレーで薄めたシャドーを影になる部分とごちゃつくところに細吹き。パネルライン強調に「サンダーバード塗り」を。コピー用紙をカットして適当にその場マスキングする方法です。
横漏れしたら基本色で消せばいい。説明書の完成写真がこんな感じでした。
atat05.jpg
これだけでも迫力出た感じ。あとは楽しい墨入れ(バンダイのSWシリーズはディティールがすごいので墨入れが一番楽しい)とウェザリング。あまり暗くならないようにしたいのですがどうかなー。
atattoso4.jpg
この作り方だとワンデイでも可能なスピードでできますので手軽に作りたい方にオススメ。
こんどの高石模型祭りに関西仮組ブースに並べますので一緒に並べて写真とりませんか?!

コメント

非公開コメント