デューバック追い込み作成

○日曜日は教室おわったあと八尾に向かったのですが渋滞。行楽シーズンなんですねー。おかげで展示会見にいけず・・

○前回報告したサークル友のmuruchi さん、なんとGBWCファイナリストに残りました!25人しかのこらないんすよ。すごいわ!!現物もってお台場に行って審査です。審査日が南港ATCでやるモデラーズフェスティバルとかぶっております(@@)展示の目玉だったのですがw

○いま作ってるデューバックですがボークスのSMFに出そうかと企んでおりまして。締め切りが明日の水曜。昨日は夜遅くまで塗装しておりました。いまだこの時点で参加指定キットサンドトルーパーは手付かずです・・・素組みでいいんだよ、って書いてあったw

dhupakkuiro.jpg
サフ後、いつもは先にシャドー部分吹くのですがシンゼン氏の本では薄い色から濃くしていく、とあったのでそれに準じます。
赤とか青とかだけ先に。
アンチフラッシュホワイト→黄緑→緑→カラーモジュレーションセットのオリーブドラブ→それのシャドー色。
すみいれはウエザリングカラーをはじめて使ってみた。粘土だからかしみこんでもひとつよくわからん感じに・・
ドライブラシもいまひとつだなー。プラスチックとはちょっと違う。
wezarinngukara-.jpg
鞍の部分も生の皮だと浮くのでちょっと黒くしてみる。
kawanurui.jpg
土台は焼杉に木粉粘土。 粘土に焼杉板の木目を「押し付けて」砂模様を作ってやった。
dhupadoadai.jpg
今日で完成せんと提出無理・・・

コメント

非公開コメント