○ギャンのビームサーベル透明化:タミヤの透明エポキシ樹脂とセリアのシリコンゴム編
○○編というだけで失敗が見通せますw

UVジェルを使うつもりでしたが硬度と透明度が欲しかったので奮発してタミヤさんの透明エポキシ樹脂。
2液体を混ぜると硬化がはじまるやつ。24時間で硬化完了だそう。説明書には温度上げると速くキレイに固まるとのこと。
gfukusei22.jpg
置き換えるのは旧キットのぶっといサーベルのビーム刃部分。(複製でなく置き換えるのです)両端に延長部分適当にぶっさして液体&空気の通り道作る。
gufukusei4.jpg

シリコンは液状のガレキ複製に使うやつでなく100均一セリアで最近売ってる粘土のようなのを3個使用。小麦粘土のよう。
gfukuesi5.jpg

測って混ぜて流し込む。そこそこ粘土あるので下に流れ落ちてくると栓をしてさらに追加。これで硬化待ち。
gukusei1.jpg
ただここで温度上げようと乾燥機にいれる。(山善)1時間。翌日見ると無残にもほぼ流れ落ちた形跡・・・
流動性があがって適当につくった栓じゃダダ漏れしたもよう。カップのそこの樹脂は超クリアでカチカチ!
gfukuseisipai.jpg

しかたないので再度充填。中を見るわけにもいかないので不安。こんどは山善未使用。
翌日見ると流失はしていない模様。中をパックリしてみる。
gufukusei44.jpg
一応できたがなんかふにゃふにゃ。グミみたい。曇ってるしなあ、と翌日見るもやっぱりかわらずで硬化不良です。

もしこの組み合わせで再度やるなら複製と同じようにストローやランナーつかってU字型の型にして一度割って取り出し、再度張り合わせて(シリコン自体はしっかりしてるのでいけると思う)樹脂充填。そんとく樹脂の温度上げて流動性高めるとかすればいけるはず。

NEXT,お湯マルでやってみようかな。

コメント

非公開コメント