赤影の怪獣「鉄甲アゴン」

○艦隊これくしょん、「艦これ」のアニメは来年1月から。PVでてます。

私ゲームはいきづまってもうあまりやってないのですが楽しみ。

○モデスポ今年は入場者ざっと5500人!との発表。
1回目3000人、2年目3500人とあまり変わらなかったので「関西も模型好きってこのあたりで頭打ち?」と思いきやグッとアップ!大阪マラソンとかぶらなかったり、隣で「大和展」やってたのも相乗効果あったと思いますがすばらしい。

○モデスポでアラフィフに人気の「仮面の忍者 赤影」にでてきたアゴンの製作記でも。

ソフトビニール製のこのアゴン、そのままでも非常によくできてます。
あご下ののぞき穴もモールドされてた。塗装するためにプライマーをかけます。べとつきも軽減されました。
agonsono1.jpg
アゴンを草笛やオカリナであやつる風葉というクノイチも付属。顔の塗装とかちゃんとできてていじりどころなし。
後ほどスミ入れやつや消ししたくらい。
ちなみにこのオカリナを赤影が奪って別の怪獣と戦わせたりして一瞬味方になるのがアゴンの魅力です。
敵怪獣を操ってたクノイチは若き末広真紀子だったりwググルと動画あります。
agonsono3.jpg
目玉はもともとクリアイエロ成型です。赤影の怪獣は闇夜に光る目玉が印象的なので電飾しました。
agonsono2.jpg
ボタン状の目が接着されてるのをそっと剥ぎ取りLEDを裏に仕込みます。といっても目に直接つけると一部しか発光しないのでバーニア状のLEDカバーをエポパテで作成。一定の距離とLEDの固定できるようにしました。
目全体が光るようになりました!
agonsono4.jpg
ソフビは中空なので電池はボディーに仕込めます。LED2個と定電流ダイオード(CRD)、9V電池を直列に繋ぎます。
CRDをはさむことでLEDにつきものの抵抗をつけたり計算する手間がなくなります。(凸凹の店長に教わったw)
9V電池のおかげで光も強く、長持ちになるはず。このあたりブレッドボードというの使って仮組みテストできます。
ブレッドボード
透明なブレッドボード透明なブレッドボード
()
スイッチサイエンス

商品詳細を見る

agonsono5.jpg
塗装は基本塗装はそのままに、手足の色味や陰影つけるのと黒光りボディーに青みを追加してクリア塗装でてからせました。あそスミ入れとタミヤウェザリングマスタで汚しやドライブラシ。
agonsono6.jpg
発光いい感じデス!

ツノの回転もさせたいのですがそこの工作はまったくわかりませんでした。またいつかチャレンジします。


コメント

非公開コメント