僕が飛び跳ねる理由

モデスポ=モデラーズEXPO2014は11月1~3日。もう1ヶ月ですよ!つくらんといかんのいろいろあるのにw
まあなんとかしますけど。

○先日NHKのドキュメンタリーなんとはなしに見てた「君が僕の息子について教えてくれたこと」がよかった。
いわゆる自閉症の男の子 東田君は「文章を書くこと」ができるので(会話も手製のキーボードがあればできる)自閉症の人がどう考えてるのかを世界で始めて表現できた。その著書(13歳の時に出版)「自閉症の僕が飛び跳ねる理由」が海外20カ国に翻訳、ベストセラーになったりしてます。
養護学級に通う自閉症の子って「内面が崩壊してる」とずっと思ってたのですが実は「故障したロボットをムリヤリ操縦してる」人だとわかってショックでした。こうしたい、と思ってもまったくちがう動きをするロボットのコクピットにすわらされてるパイロットの無念さって想像絶する。
自閉症の僕が跳びはねる理由―会話のできない中学生がつづる内なる心自閉症の僕が跳びはねる理由―会話のできない中学生がつづる内なる心
(2007/02/28)
東田 直樹

商品詳細を見る



このドキュメンタリーがYOUTUBEにあがってるのでぜひ。

コメント

非公開コメント