LED電飾工作

○レコンギスタの新MSのプラモサンプルが模型店にまわっててショーケースに展示され始めました。
今回のMSの特徴に新素材装甲が使われてる設定がありまして液晶板みたいなものらしく発光するそう。
ガンプラもそこを忠実に再現してて透明パーツなどにUVライトかざすと発光します。

これ私の考えではメーカー側視点の設定じゃないかな?と思います。昨今海外のガンプラはコピー商品が多いみたいで海外でのコンテストを審査するのも「海賊版を使ってない」のを見極めるのが大変、とのこと。
優勝したのが海賊版バリバリだと示しがつかないですものねー。

このUV発光するする素材がマネできないものだとしたら区別はつきやすいし、海賊版メーカーも制約増えて動きが鈍るかもしれません。(イタチごっこになるかもわかりませんが)
正規品がきちんと流通することがうまく進みますよう。

○旧ゴックのモノアイ点灯ですが電池や回路を仕込みました。
つかったのはタミヤさんの工作シリーズの電池ボックス。本来はモータ繋いでスイッチの切替でモーター回転方向を変えれるやつ。戦車や車に使うと前進と後退ができる、というギミックを持たせられます。
gogdensho.jpg
これにモーターの変わりにLEDを2個接続。同じ配線で繋ぐのですがプラスマイナスを逆につなぐ。
LEDはプラスマイナスの向きが決まってるのでスイッチ切り替えることでどちらかが発光するようにしました。
単三電池2本直列のボックスですので結構でかい。
ゴッグ、しかも旧キットなのでボディーに広大なスペースがあるからこそ可能な工作ではありますw
gogkairo.jpg
背中のバックパックは磁石で取り外しできるのでスイッチ切替は簡単。

コメント

非公開コメント