リモコン戦車くみたてて思い出した

○お客さんから懸念事案聞きました。
日本橋で体がぶつかった際に「iphone壊れた」と因縁つけられて恐喝まがいのことをされそうになったとのこと。
計画的に近寄ってくるようですので怪しい言動には「一緒に警察行きましょう」といいましょう!

○こないだいただきもののリモコン戦車作ってみました。
いまはなき「SUNNY」社のバトルタンクシリーズNO.5パットンM60。
tank2.jpg
箱絵はどーんとTIGARなんですがシリーズ共通らしいw注意書きに「イメージです」とありますw
クリック拡大↓
setumei.jpg
説明書は子供に合わせてひらがな多用の説明文が昭和です。
しかし肝心の組み立て説明はチョーいい加減。

ランナー図にある番号と組立工程図の番号がまったく違う。
正直パーツが足りてるのかどうかも確認難しい・・・。

ギアBOXが組み立て済みなので簡単・・と思ってましたが一箇所かみ合ってない。
モーターつけても動かん。
アルミのボックスがひずんでるので固い。
モータを説明書とは上下逆につけたりBOXを調整したりでなんとか動くようにしました。
GIABOX.jpg

で、思い出した!
昔も何個かこんな模型買いましたが動かないのあったわ。子供は泣くか放り出すしかない製品が昔は多かったなあ・・と。
いい加減で鷹揚な時代でした。

リタイ部分も固くて押し込めないのでバラバラですw

sennsha1.jpg
rimokonv1.jpg

なんとか形になりました!(表面に砂っぽいのつけてるのは教室でテクスチャーペイントの状態見るのにつかった)
一応前後に動きますがものすごく無理してるみたいで電池があっという間になくなりますw

子供の頃にはしなかった塗装してやろうと思います。

ちなみにアオシマさんからいまだひも付きリモコン戦車は出ております。

コメント

非公開コメント