レコード鑑賞会にいってきた

○昨日、「☆歳忘れ!第1回レコードパーティー 異友達交流ジュークボックスナイト」というイベントに夫婦で参加してきた。

住道の会社にコンポ置いてる社長さんの1室に氏のコレクションしてたレコード(シングルだけで200枚以上!)を聞きながら酒を飲む会。まあ昭和なテイストの忘年会です。お酒や食べ物も用意していただいてますが参加者も適当に持ち寄り。
DSC_1494.jpg
レコード屋さんの店名はいったビニルケースが懐かしい。シングル1枚500円から600円。当時にしてはいい値段だったんだなあ。皆で聴きたい曲をそれぞれチョイス。レコードプレーヤーに乗っけるも自動でシングルの位置には落ちない・・・手動で動かす。
参加者さん、基本的にアラフィフなのでレコード及びオーディオについては知ってる層なのですがひとり30台の方が「レコード初めて見た!」とかいっててびっくり。20代とかだと確かに知らんかも。

女性参加も多くノリノリ。
なぜか差し入れが各地有名店のコロッケが3人ダブりえらいことになるwさらにから揚げとピザが加わり高カロリー。

DSC_1496xxx.jpg
主催者さんは忙しいのでレコードかけるDJ役やってました。シングルとっかえひっかえなので大変だったが楽しい!
なるだけ間を空けずに準備し、ある程度リクエストの順番ながらジャンル固めたり、意表ついたりチョイスする。
だんだん「もう1台ターンテーブル欲しい!」とか考えるようにw
DJの楽しさってあるねんなー、再発見。
次回はうちに眠ってるの持ってきたろ。
DSC_1497.jpg

70年代、80年代はオーディオブームで皆アンプやカセットデッキ、スピーカーを買ってレンタルレコード屋で借りたレコードをカセットにダビングするのが流行ったのよ。TSUTAYAなんか無かった。レイコウ堂だっけ?
FMの音楽番組にどんな曲がいつ頃流れるかが載ってる雑誌があって、必死でコンポの前で録音ボタンに手をかけて待ったりしてた「エアチェック」w 

でかい音で聴くアナログレコード、針を落としたときのノイズも懐かしく、やっぱり深みのある良い音堪能しました。

コメント

非公開コメント