終戦

○雨の被害が思った以上やね。大日駅の地下が通れなくなってる映像みましたが結構あそこ通るのでびっくり。

○大雨であちこちから電話不具合の問い合わせ。NTT故障係なんか「落雷の影響で・・」の自動アナウンスばっかでちっともつながりません。お盆で対応者も少ないのやろーね。もう。

○終戦記念日になると思い出す話。

嫁の親戚で奥多摩で旅館営んでるおじさんがいるのですが、以前に戦争に行ってシベリア抑留を体験された話をしてくれた。

満州(だったと思う)に陸軍で出兵。まだ少年に近い年齢だったと思います。
怖い上官にしょっちゅうぶん殴られ終戦間際のソ連乱入と戦う際には敵戦車を破壊する命令を受ける。

道に「たこつぼ」と呼ぶ穴を掘り爆弾(手榴弾)抱えて待機、戦車が上を通ると爆破させる、という自爆作戦だ。

おじさん「戦車がよ、”ガラゴン、ガラゴン・・遠くから来るのが聞こえるんよ。まず見つからないかおっかない。頭の上通り過ぎるの体硬くして待ってた。爆破なんてもっと怖くてとてもできんで。」

通り過ぎたあと部隊に帰っても上官に「なんでできんのか!」と殴られたそう。

その後、終戦。捕虜としてソ連にシベリアに連れてかれて強制労働

ここで辛い労働させられながら共産主義について叩き込まれたそうです。
年に何名か日本に帰れる者がでてくるのですがその共産教育がちゃんとできてるかどうか、が判断基準。

帰国できる人はゆっくりお風呂に入れるらしいのですが、笑い話(?)として「これでアカを洗い流せる!」と喜んだ声を看守が聞いて「アカ=赤=共産主義を流すとは!」と怒られ帰国できなくなった、というエピソードも。

ボソリと「でもいまだにその(共産)考えが正しいと思う」といわれてたのが痛々しく思いました。

いまはお年でも元気で山を駆け回っておられるはず。お疲れ様でした。

1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.138 ソビエト T34/85 中戦車 351381/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.138 ソビエト T34/85 中戦車 35138
(2011/07/30)
タミヤ

商品詳細を見る

コメント

非公開コメント